予防歯科Prevent

予防と定期検診の重要性と方法についてお伝えします

皆さんのなかに、「歯医者は歯が痛くなってから行けばいい」と思っている方はいらっしゃいませんか? それは、大きな間違いです。白くて美しい歯を維持するために、そして生涯にわたって自分の歯を失わないためには、「治療」よりも「予防」が重要です。歯科医院で定期的な検診を受けたり予防メインテナンスを行ったりして、虫歯や歯周病にかからないように心がけましょう。

つくば市研究学園の歯医者「いがらし歯科クリニック」では、地域の皆さんの「今」だけでなく「将来」の健康まで考え、予防歯科に力を入れています。虫歯や歯周病の早期発見・早期治療につなげるため、痛みがないときこそ歯医者に行きましょう。

予防歯科の重要性

予防歯科の重要性

お口の健康を守るうえでは、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療がポイントです。しかし、虫歯も歯周病も初期段階ではほとんど自覚症状がなく、痛みなどの症状があらわれたころにはかなり進行してしまっているというケースも少なくありません。だからこそ、予防歯科で定期検診を受けていただくことが何より大切なのです。当クリニックでは個室の予防専門スペースをご用意しているので、ゆったりとくつろいだ状態でメインテナンスを受けていただけます。

また「定期検診で何を調べているかわからない」といったことがないように、当クリニックでは検診の内容をしっかりと患者さんにご説明しています。患者さんも疑問に思うこと、不安に思うことがあればお気軽にご質問ください。

定期検診で明らかな差がつきます

「しっかりブラッシングをしているのに虫歯になってしまう」という方がいらっしゃるように、ご自身の手による口腔ケアには限界があります。とくに虫歯や歯周病の原因となる頑固なプラーク(歯垢)やそのプラークが石灰化して固着した歯石は、ブラッシングだけで落としきることができません。

定期検診で明らかな差がつきます

定期検診では、お口の健康状態をチェックして虫歯・歯周病の早期発見につなげるだけでなく、こうした日頃のケアでは落としきれないプラークや歯石の除去も行います。細菌を守る役割を持ったバイオフィルムは3~4ヶ月程度で形成されることがわかっているため、3ヶ月に1度くらいの頻度で定期検診を受けることによって、お口の健康と美しさを効果的に守っていくことができるのです。定期検診の積み重ねが、将来の歯の健康状態に差をつけるポイントとなります。

年代別にみる予防法

乳歯が生えはじめた赤ちゃん、永久歯に生え替わってすぐのお子さん、中高生の方、成人になった方、さらには高齢者の方と、年齢を重ねるにつれて口腔内の環境はどんどん変わっていきます。そして、それぞれの年代に応じた予防ケアを行っていくことが何より大切です。こちらでは、年齢によって変化する口腔内環境の状況と年代別の最適な予防方法についてご説明していきます。

乳幼児期

乳幼児期

永久歯よりも歯質がやわらかく、虫歯にかかるリスクが高い乳歯。食事やおやつのあとには自分で歯ブラシを手に持つように、ブラッシングの習慣を身につけさせてあげましょう。もちろん親御さんによる仕上げみがきは不可欠。ダラダラ食べにならないように、食生活の見直しも必要です。

学童期

学童期

乳歯から永久歯へと生え替わるのがこの時期で、お子さんの口腔内環境も大きく変化していきます。ひとりでブラッシングができるようになりますが、ケアが十分とはいえないので親御さんの仕上げみがきは必要です。生え替わったばかりの永久歯はまだエナメル質が弱いので、とくに念入りにケアしてあげましょう。

思春期

思春期

永久歯が生えそろう時期です。親知らずが生えはじめるお子さんもいらっしゃいます。「親離れ」にともなって口腔管理の面でも親御さんの目が行き届きにくくなりますが、セルフケアの大切さをしっかりと教え、ブラッシングが十分にできているかを確認してあげましょう。歯並びや、歯と顎のバランスにも注意してみてください。

成人期

成人期

大人になってからは、とくに歯周病に注意しましょう。最近では若年層の歯周病患者が増加傾向にあります。歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血が見られるようであれば、すぐに歯科医院へお越しください。歯周病予防ではていねいなブラッシングのほか、生活習慣の見直しなども必要です。自覚症状がなくても、定期検診を受けるようにしましょう。

壮年期

壮年期

年齢を重ねるにつれて、歯の黄ばみが強くなってきます。そんな方は、審美歯科治療やホワイトニングなどによって白く輝く歯を取り戻しましょう。歯を美しくすることは見た目だけでなく、歯の健康や心の充実にもつながります。定期検診も積極的に受け、きれいで健康な歯を維持しましょう。

老年期

老年期

しっかりと咬める歯を手に入れることは、生活の質(QOL=クオリティ・オブ・ライフ)を高めることにもつながります。現在使用しているインプラントや入れ歯は、あなたのお口に合っていますか? 合わない技工物は心身の健康を阻害してしまう恐れがあります。定期検診で、お口の健康状態を総合的にチェックしましょう。

当院の予防歯科メニュー

予防歯科では、歯科衛生士が専門的な器具を用いてクリーニングやメインテナンスを行っていきます。この処置を継続して行うことで、虫歯や歯周病にかかるリスクを大幅に抑えることができるのです。つくば市研究学園の歯医者「いがらし歯科クリニック」には、口腔衛生の専門家である歯科衛生士が常駐しています。予防・メインテナンスは安心してお任せください。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

染め出し液を使って歯に付着しているプラークを着色し、患者さんのブラッシング方法やみがき癖をチェックします。みがき残しやすい箇所を明らかにすることで、正しいブラッシング方法を自覚できるのです。歯間ブラシやデンタルフロスなどの正しい使い方もお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を歯の表面のエナメル質に塗る処置です。フッ素を含んだ歯質はそうではない歯質よりも丈夫になり、虫歯菌の出す酸に対して強くなります。また、フッ素には歯の再石灰化を促す効果があります。

PMTC

PMTC

「PMTC」は「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科衛生士が専用の器具を使って行う本格的なクリーニングのことです。毎日のブラッシングだけでは取り除くことができないプラークまで、徹底的に除去できます。軽度の着色汚れを落とすことも可能。PMTCを定期的に行うと効果的です。

シーラント

シーラント

奥歯にある溝には食べカスが溜まりやすく、ブラッシングもしにくいため虫歯になりやすいというリスクがあります。そこで、お子さんにとって「はじめての永久歯」である6歳臼歯や乳歯の溝にレジン(歯科用プラスチック)を詰め、食べカスが溜まるのを防ぎます。お子さんの虫歯予防に有効な方法です。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れているとみがき残しが生じて虫歯や歯周病になりやすく、さらに顎関節症(がくかんせつしょう)を招きやすくなります。定期検診で、咬み合わせもチェックしておくとよいでしょう。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

睡眠不足やストレス、喫煙などの生活習慣によって、虫歯や歯周病のリスクが高まることがわかっています。禁煙する、食べたらすぐにブラッシングする、食事と食事の間隔をできるだけ空けるなど、改善すべき生活習慣があれば指導を行ってお口の病気予防に役立てます。

痛みがなくても定期的なメインテナンスを

痛みがなくても定期的なメインテナンスを

予防の基本は毎日のブラッシングです。適切な歯ブラシを使い、正しい方法で丁寧にみがきましょう。とはいえ、ブラッシングだけではすべての汚れやプラークを落としきることができません。そこで効果的なのが、歯科医院での定期的なメインテナンスです。定期検診では、歯科衛生士がお口の中の小さな変化まで見つけてくれます。そして専門的なクリーニングなどを受けることで、虫歯や歯周病をかなりの確率で防ぐことができるのです。

当クリニックからは患者さんに3ヶ月に1回程度、定期検診のご案内ハガキをお送りしています。お口の健康を維持するために、痛みがなくてもご案内するタイミングで定期検診を受けていただくことをおすすめします。

予防歯科に関するお問い合わせ・ご予約はこちらから
いがらし歯科クリニック 電話:029-875-8419

page top