インプラントImplant

インプラント治療で、自分の歯のような咬み心地を

失った歯の機能を補う方法には「入れ歯治療」や「ブリッジ治療」などがありますが、近年では「インプラント治療」を選ばれる方が増えています。こちらでは、つくば市研究学園の歯医者「いがらし歯科クリニック」が行っているインプラント治療についてご紹介します。歯を失ってしまったらそのままにせず、歯科医院で歯の機能を補う治療を受けましょう。

インプラントと他の治療の比較

インプラント、入れ歯、ブリッジにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。費用や期間、機能性、審美性(見た目)などに違いがありますので、ご要望に適した治療を選びましょう。ご不明な点は何でもご質問ください。

インプラント治療について

インプラント治療について

メリット デメリット
インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯(歯冠)を取りつけて歯の機能を補う治療のことです。生体親和性の高いチタンが顎の骨としっかり結合するので違和感がなく、硬い物でもしっかり咬めるようになります。歯冠にセラミックを使用すれば自分の歯のような自然な見た目が実現。周囲の健康な歯に負担をかけることもなく、金属アレルギーの心配もほとんどありません。 他の治療法に比べて、治療費が高いというデメリットがあります。顎の骨に穴をあけて人工歯根を埋めるという外科手術が必要になります。全身疾患がある場合や顎の骨の状態によってはインプラント治療を受けられないこともあります。
入れ歯(保険)について

入れ歯(保険)について

メリット デメリット
失った歯を補う方法としてもっとも一般的な方法で、失った歯の本数に合わせてつくれるのが入れ歯(義歯)です。保険適用の入れ歯であれば、治療費(自己負担)を抑えることができます。治療期間が比較的短く、またほとんどの症例に適用できるのもメリットです。 保険の入れ歯の場合は、見た目で入れ歯であることがわかりやすいという審美性の低さが大きなデメリットです。また、合わない入れ歯だとしっかり咬めなかったり、違和感を覚えたりする場合があります。部分入れ歯ではバネをかける歯に負担がかかります。定期的な調整を少し面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ブリッジ

ブリッジ

メリット デメリット
ブリッジは、失った歯の両脇にある健康な歯を削り、その歯を支えとして連なった人工歯(連結歯)を装着することで歯の機能を補う治療法です。固定式なので保険の入れ歯にあるような違和感が少なく、使用する素材によっては保険が適用されるため、費用を抑えることもできます。 ブリッジの両脇にある健康な歯を削らなければいけないため、支えとなっている両脇の歯に大きな負担をかけてしまうのがデメリットです。土台にした歯は、そうでない歯に比べて将来的に失ってしまう可能性が高くなります。

インプラント治療の流れ

当クリニックで行う、インプラント治療の流れをご説明します。

【1】
ドリリング
(1回目の手術)
【2】
インプラントの埋入
【3】
治癒のための期間
【4】
アバットメントの取り付け(2回目の手術)
【5】
人工の歯の装着
【1】ドリリング(1回目の手術) 【2】インプラントの埋入) 【3】治癒のための期間 【4】アバットメントの取り付け(2回目の手術) 【5】人工の歯の装着
歯肉を切開し、専用のドリルを使って顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます。 開けた穴に、インプラントをしっかりと埋め込みます。 インプラントの頭の部分を歯肉でおおい、傷口を縫い合わせます。インプラントと顎の骨が結合して傷口が治るまで、ある程度期間をおきます。 再び歯ぐきを切開し、インプラントの頭部に人工歯との連結部分(アバットメント)を装着します。 アバットメントに人工歯(歯冠)を被せて、インプラント治療は完了です。

当院のインプラント治療

インプラント治療は、失った歯を取り戻すための方法としてメリットの多い選択肢ですが、「インプラントを埋め込むための骨の厚みが足りない」など、さまざまな原因でインプラント治療が受けられないケースもあります。当クリニックではさまざまな技術に対応し、できるだけ患者さんのご要望に応えられるように努めています。

box

インプラントオーバーデンチャー 総入れ歯の患者さんに適した方法です。入れ歯全体を支えます。
ショートインプラント 骨の暑さが足りない患者さんに適した方法です。短く埋め込むタイプのインプラントを用います。
局所麻酔 手術の際はできるだけ痛みが出ないように、極細の麻酔針を用いてゆっくりと局所麻酔を行っています。
「骨が足りない」と診断された方へ

「骨が足りない」と診断された方へ

当クリニックでは、骨量が足りずインプラント治療を受けられない患者さんのために、さまざまな骨再生方法に対応しています。他院でインプラント治療と断られた場合でも対応できるケースがありますので、一度ご相談ください。

box

サイナスリフト 上顎の骨が薄い場合、上顎の粘膜をはがして人工的に骨をつくり、インプラントを埋め込みます。顎の骨が3~5mmのときに行う治療で、大幅な骨の形成が可能です。
ソケットリフト 上顎の骨が薄い場合、小さな穴を開けてそこから骨のもととなる物質を入れて骨をつくる方法です。サイナスリフトと比べると傷口が小さいため、身体的負担が少なく抑えられます。
GBR インプラントの周囲の骨の少なくなっている部分を「メンブレン」という特殊な人工膜でおおい、歯肉が入り込まないようにしてから骨を再生させる方法です。

インプラント治療に関するお問い合わせ・ご予約はこちらから
いがらし歯科クリニック 電話:029-875-8419

page top