入れ歯Denture

自分のお口に合う入れ歯を手に入れましょう

現在の入れ歯に「しっかり咬めない」「外れやすい」「痛い」「おいしく食べられない」といった不満があっても、「入れ歯だからしかたないか……」とあきらめていませんか? しかしそうした問題は「入れ歯だから」ではなく、「お口に合っていない入れ歯だから」起こるのです。自分に合った入れ歯をつくり、歯科医院で定期的な調整をおすすめしています。

こちらでは、つくば市研究学園の歯医者「いがらし歯科クリニック」が行っている入れ歯(義歯)治療についてご説明します。はじめて入れ歯をつくられる方だけでなく、今ご使用されている入れ歯に不満がある方も、お気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には健康保険が適用される保険診療のものと、保険適用外(自費診療)のものの2種類があります。この違いはおもに使用する素材や技術によるものです。目的やご予算などに合わせてお選びください。

保険診療の入れ歯について

保険診療の入れ歯について

使える素材がレジン(歯科用プラスチック)に限定されています。保険適用のため費用の自己負担を抑えられるだけでなく、治療期間が短くて済み、修理もしやすいというメリットがあります。しかしその一方で、入れ歯であると気づかれやすい、床部分に厚みがあるので装着時に違和感が出やすい、といった弱点もあります。

自費診療の入れ歯について

自費診療の入れ歯について

自費診療ではさまざまな素材や形を選ぶことができます。保険診療の入れ歯と異なり制限がないので、装着感や咬み心地、見た目などを追求できるのが大きな特長。耐久性が高く、バネを使用しない部分入れ歯も製作することができます。そうしたメリットがある半面、高額な費用がかかる、修理に時間がかかる、といったデメリットもあります。

当クリニックの取り扱い入れ歯メニュー

口腔内の状態が一人ひとり異なるように、入れ歯に求める要素も患者さんによって大きく異なります。当クリニックでは患者さんのライフスタイルや好みに合わせて、さまざまな入れ歯をご提供しています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプは入れ歯を固定する金属の留め金のことで、その固定用の金属バネを使用しない入れ歯がノンクラスプデンチャーです。バネがないので見た目が自然で入れ歯だとわかりにくく、金属アレルギーの心配もありません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

マグネット(磁石)で固定するタイプの入れ歯です。失った歯の歯根やインプラント(人工歯根)に磁石を取り付け、強力な磁気の力で入れ歯を装着します。ぴったりと固定されるので、違和感がほとんどありません。簡単に着脱できるので、お手入れも楽です。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯に金属の土台(内冠)を装着し、その形状にぴったりと合う外冠(クラウン)をセットして、内冠と外冠の摩擦で固定する入れ歯です。しっかり固定されるので安定感やフィット感にすぐれ、バネを使わないので見た目も自然です。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきにあたる床部分に金属を使用した入れ歯です。用いる金属にはコバルトクロムやチタン、ゴールドなどがあり、素材によっていろいろな特徴を持つ入れ歯をつくれます。レジンより強度があるため薄くつくれ、熱も伝えやすいため、食事を楽しみやすい入れ歯です。

入れ歯の正しいお手入れの仕方

入れ歯の正しいお手入れの仕方

入れ歯や義歯を清潔に保つことは、お口の健康を維持していくためにとても大切なことです。長く快適に使い続けるためにも、正しい方法で毎日のお手入れを行うようにしましょう。

入れ歯のお手入れでふつうの歯ブラシをお使いになる方もいらっしゃいますが、それでは入れ歯に細かい傷がたくさんついてしまいます。入れ歯専用の歯ブラシでやさしくみがくようにしましょう。また、入れ歯を保管するときは乾燥させないように必ず水や洗浄液など浸しておいてください。

なお、入れ歯を落としたり衝撃を与えたりすると、変形したり破損したりすることがあります。細心の注意をはらって、優しく丁寧に取り扱いましょう。

入れ歯治療に関するお問い合わせ・ご予約はこちらから
いがらし歯科クリニック 電話:029-875-8419

page top