小児歯科Child

お子さんの大切な歯を虫歯から守りましょう

乳歯や生えたての永久歯は大人の歯に比べて歯質がやわらかく、虫歯になりやすいという特徴があります。「そのうち永久歯に生え替わるから……」とお子さんの虫歯をそのままにしてしまっている親御さんもいらっしゃいますが、その考え方は危険です。乳歯の虫歯はこれから生えてくる永久歯や将来の歯並びなどにも悪影響を及ぼしますので、気になる症状があれば早めに歯科医院を受診しましょう。

お子さんの歯を守ってあげられるのは、一番近くにいる親御さんだけです。こちらでは、つくば市研究学園の歯医者「いがらし歯科クリニック」の小児歯科についてご紹介します。

虫歯は大人から子どもへ感染します

虫歯は大人から子どもへ感染します

虫歯は虫歯菌に感染することで起こる感染症ですが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌が存在しません。では、いったいどこから虫歯菌が入り込むのでしょうか? 虫歯はお母さんやお父さんなど、周囲の大人から感染すると言われています。

たとえば、親御さんが使ったスプーンや食器を使ってご飯をあげたり、お口にキスをしたりすることで、だ液を介して赤ちゃんに虫歯菌がうつってしまいます。ちょっとした注意で防げることなので、親御さんもお子さんの歯の健康のために注意してあげてください。

box

PICK UP!家庭内感染を防ぐには?

赤ちゃんを虫歯菌から守るために、赤ちゃん専用の食器やスプーンを用意しましょう。親御さんの食事を赤ちゃんに分け与えたりするのは、避けたほうが賢明です。

とはいえ実際にこうした対策を徹底するのは難しいですし、虫歯を怖がるあまりスキンシップが減ってしまうのも考えもの。そこで親御さんや赤ちゃんの近くにいる大人の方に取り組んでいただきたいのが、「お口のなかの虫歯菌を常に少なくしておくこと」です。口腔内の虫歯菌が少なければ、赤ちゃんに感染する可能性も低くなります。お母さんやお父さん、そしてご家族全員で虫歯予防に努めましょう。

虫歯になりにくい歯にするために

虫歯になりにくい歯にするために

虫歯になってしまうのには、何らかの原因があります。つまり虫歯を予防したいなら、その原因を取り除く必要があるのです。お子さんの歯を虫歯になりにくくするために、次のような点に気をつけてください。

box

ブラッシング 正しい方法で毎日ブラッシングを行いましょう。小学校低学年くらいまでは十分にみがけていないことが多いので、親御さんが仕上げみがきをするようにしてください。
フッ素塗布 フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があります。フッ素を歯の表面に塗布することによって、虫歯になりにくい歯にすることができます。定期的に歯科医院で塗布してもらいましょう。
定期検診 初期の虫歯は自分ではなかなか見つけられませんが、定期検診を受ければ歯科医師や歯科衛生士に見つけてもらうことができます。検診時にはブラッシング指導も受けるとよいでしょう。
キシリトールの摂取 キシリトールにはプラークをはがしやすくしたり、だ液の分泌を促したり、フッ素と併用することで歯質を強くしたりする効果が期待できます。ガムやタブレットなどで積極的に摂取しましょう。
虫歯にさせない食習慣~おやつについて~

虫歯にさせない食習慣~おやつについて~

お子さんの歯を虫歯から守るために、歯が生えてきたら歯医者さんに行って一度診てもらいましょう。普段の食生活、なかでも「おやつ」については、以下の点を気をつけてみてください。

box

ダラダラ食べを
していませんか?
時間をかけてダラダラ食べていると、いつまでもお口のなかに虫歯菌が好む糖がある状態となり、虫歯になりやすい環境になってしまいます。おやつは時間を決めて与えるようにしましょう。
糖分は
多くないですか?
虫歯菌が大好きな糖がいっぱい入っているおやつは要注意。おせんべいや小魚など、甘みの少ないおやつをあげるようにしましょう。歯の再石灰化を促すキシリトール入りのガムやタブレットなどもおすすめです。
食べたあとは
歯みがきをしていますか?
おやつを食べたあとには、すぐにブラッシングする習慣をつけましょう。どうしてもブラッシングできない場合は、お茶やお水で口をゆすぐだけでも虫歯リスクを減らすことにつながります。

当クリニックの小児歯科メニュー

当クリニックでは、ご両親がお子さんの治療に同席することができます。歯科治療に対して怖がってしまうお子さんは多いですが、お子さんが少しでもリラックスして治療を受けられるよう、親御さんからやさしく声をかけてあげてください。以下では、いがらし歯科クリニックの小児歯科メニューをご案内します。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんに正しいブラッシングの習慣を身につけていただくため、親御さんに対してブラッシング指導を行います。お子さんの正しいブラッシング方法や、親御さんによる仕上げみがきのポイントをご説明します。

シーラント

シーラント

食べカスが溜まりやすく、ブラッシングもしにくい奥歯は虫歯になりやすいので要注意です。そこで、お子さんにとって「はじめての永久歯」である6歳臼歯や乳歯の溝にレジン(歯科用プラスチック)を詰め、虫歯になるのを防ぐのがシーラントという処置です。

フッ素塗布

フッ素塗布

ごく初期段階の虫歯は、歯の再石灰化を促すことによって自然に治ることがあります。歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があるフッ素を数ヶ月に一度歯の表面に塗布することによって、虫歯になりにくい強い歯にすることが可能です。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

「過剰歯」は文字通り、過剰に生えた歯のことです。そのまま放置しておくと、永久歯がうまく生えてこなかったり、歯並びが悪くなったりすることも。必要に応じて、早めに歯ぐきから過剰歯を抜歯します。気になる症状があればお気軽にご相談ください。

小児歯科に関するお問い合わせ・ご予約はこちらから
いがらし歯科クリニック 電話:029-875-8419

page top