虫歯治療Caries

「歯が痛い」「歯がしみる」と感じたらすぐに診療を

お口のなかの一番身近な病気、それが虫歯です。虫歯は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、「歯が痛い」「歯がしみる」と感じたときにはかなり進行しているという可能性も考えられます。気づきにくく、重症化すると歯を失うリスクがある虫歯は、早期発見・早期治療が何より大切です。

こちらでは、つくば市研究学園の歯医者「いがらし歯科クリニック」が行っている虫歯治療についてご説明します。当院では痛みの少ない治療も行っています。歯に違和感がある方は、我慢したり放置したりせずにできるだけ早く歯科医院を受診するようにしましょう。

しみる原因は虫歯だけではありません

しみる原因は虫歯だけではありません

「痛い」「しみる」は虫歯の典型的な症状ですが、「冷たい物や甘い物を食べたら歯がしみた」といった症状があったとしても虫歯であるとはかぎりません。虫歯以外の原因として、「知覚過敏」が考えられます。知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が削られたことによって内部の象牙質が露出し、神経に刺激が伝わりやすくなって起こる症状のこと。知覚過敏が起こる理由には、歯周病の悪化や歯ぎしり、食いしばりの習慣、ブラッシングのし過ぎなどがあります。

知覚過敏を放っておくと虫歯になってしまうこともあるため、早めの対処が必要になります。知覚過敏用の歯みがき粉を使用したり、歯科医院でフッ素を塗布したりして歯の再石灰化を促し、自然に症状が改善されるのを待つという方法が一般的です。当クリニックでは、「しみる」といった症状が虫歯によるものなのか知覚過敏によるものなのか、原因をしっかりお調べします。歯の痛みや違和感がある場合は、お早めに当クリニックへご相談ください。

重度の虫歯では根管治療を行います

重度の虫歯では根管治療を行います

重度の虫歯になってしったら、従来の治療であれば抜歯するしかありませんでした。しかし、歯は1本でも失ってしまうとお口全体のバランスが崩れ、歯並びや咬み合わせが乱れて全身にさまざまなトラブルを招いてしまいます。歯を抜くことには大きなリスクがあるのです。

重度の虫歯になってしまったとき、歯を残すために行うのが「根管治療(こんかんちりょう)」です。根管は、歯根部分にある神経や血管が通っている管のこと。虫歯におかされた歯質や神経、血管を細かく取り除き、根管内をきれいに洗浄して薬剤を充填することで、歯を無菌化します。細く複雑な構造をしている根管をきれいにするには高度で繊細な技術が必要になりますが、処置を確実に行えば抜歯をしなくてすむ可能性が高まります。

より正確で安全な治療のために~根管長測定器~

より正確で安全な治療のために~根管長測定器~

当クリニックでは根管治療を安全に、かつ正確に行うために「根管長測定器」を導入しています。根管の長さは人それぞれ異なり、形も複雑。根管長測定器を使うことによって根管を正確に測定でき、ほかの部分に影響を及ぼすことなく的確な治療を行えます。

なお、「根管治療は期間が長くかかるもの」と思われがちですが、当クリニックではできるだけ治療にかかる期間を短く、しかも安全・確実な治療が行えるような体制を整えています。

痛みを少なくする取り組み

痛みを少なくする取り組み

歯科治療に苦手意識を持っている方は多くいらっしゃいますが、“歯医者嫌い”の方のなかには「痛い麻酔注射が嫌い」という方も少なくありません。当クリニックではそういった麻酔が苦手な患者さんの負担を減らしたいと考え、痛みの少ない治療をご提供しています。

麻酔注射の際には通常よりも細い針を使用し、刺した瞬間の痛みをできるだけ少なくできるように配慮しています。また、一定の速度や圧力で麻酔液を注入できる電動麻酔注射器を使用し、注入時の圧迫感や不快感をともなう「圧痛」も抑えています。こうした取り組みは患者さんに好評で、「ぜんぜん痛くなかった」「麻酔のイメージが変わった」といったお声もいただいています。

治療後は定期的なメインテナンスを

痛みがなくても定期的なメインテナンスを

治療が終われば歯医者通いもすべて終了だと思っている方も多いかもしれませんが、お口の健康にとって重要なのは実は「治療してから」です。お口のなかの状態は常に変化しており、これまでの状況を繰り返しているとまたすぐに虫歯になってしまいます。

治療後の良好な状態を保つためには、定期検診とメインテナンスが重要です。ご自宅で正しいブラッシングを行っていただくだけでなく、歯科医院での専門的な予防処置を受けることで、虫歯が再発しないように心がけましょう。

虫歯治療に関するお問い合わせ・ご予約はこちらから
いがらし歯科クリニック 電話:029-875-8419

  • 標準
  • 大きく

page top